リアクト400人柱日記

リアクト400についての記事が少ないので他のサイトではしていないようなカスタムをして読者の方々の気をひこうという魂胆で始めたブログですが今迄投稿してきた赤リアクトの人も ランプレりあくとの人も今年は高3で忙しいためたまにリアクト400に乗っていない人も投稿しているかも なブログです。

EASTON EC90 AERO55 ホイール インプレッション

どうももひかんです

今回は NEW リアクトに履かせているホイールについてです

NEW リアクトについてはこちらをご覧ください

 

taromohikan400.hatenablog.com

 EASTON EC90を買ってから1000km程走ったので

ボチボチホイールの癖や特徴が解ってきました

 

ではホイールの外観から

f:id:taromohikan400:20180321164214j:plain

開けてみましょう

f:id:taromohikan400:20180321164256j:plain

東照会のイーストンのHPはこちら

wrs.search.yahoo.co.jp

こちらのホイールチューブレス対応となっていますので

タイヤはチューブレスにすることにしました

タイヤはIRC FORMULA PRO シリーズ

f:id:taromohikan400:20180321171144j:plain

f:id:taromohikan400:20180321171133j:plain

タイヤについては次回お話ししたいと思っております

 

肝心のホイールですが 以前使っていたのが

リアクト400の純正ホイールと言うこともあり…

(え…ホイールの重量が知りたいですって)

仕方ないですね…お教えします

何と約2150g まではいいんですがリム重量が550gも有りました

ほとんどローハイトなのに…

それとEC90を比べてもね…

そりゃ全てにおいて EC90の方が上ですよ…

ディープリムホイールとして比較するなら

以前に紹介したこちらの

 

taromohikan400.hatenablog.com

 シマノ RS-81 C50との比較になりますが

f:id:taromohikan400:20180321174546j:plain

こちら RS81 C50

f:id:taromohikan400:20180321174644j:plain

こちらが EC90 AERO55です

存在感がもう…

ではこの2つを

ブレーキ性能

登坂 

巡行

反応

剛性

の5項目で比べて行きたいと思います

 

ブレーキ性能ですが 表面に微妙にザラザラの加工をしてあります

この加工 言い方が悪いですが なんか中途半端で

カーボンホイール独特の 音があまり鳴りません

1000キロほど晴雨関係なく走ってみたのですが

この中途半端な加工 一部だけ無くなってきています

ブレーキ性能は全く変わることなく

アルミリムのRS81と同じ位に効きます

 

続いて 登坂能力ですが

まぁ リムの重さ的にも

明らかに EC90の方が軽いので お察しの通りです

ただリズミカルに軽いギアで回した時はあまり違いがわかりませんでした

 

3つ目 巡行ですが どちらも良いです

ローハイトホイールと比べると同じ速度ですとかなり楽ですね

ただ1つ違うこととして

回り方ですかね…

RS81は適度に重いリムが慣性で回っているのに対して

EC90は空力の良さで進んでいるんだなと感じました

 

4つ目 反応ですが これもリムの軽いEC90の方がいいです

ただ レーゼロなどの硬くて軽いホイールと比べると

少しもたつくかなと思います

 

最後の剛性ですが

EC90は硬いです

フロントホイールはワイドフランジなハブと

1本500円もすると言うサピムCX-RAYスポークからか

コーナーで倒しても たわむ感じはしませんでした

(フォークが硬いからかもしれません)

 

リアホイールも個人的には硬いですが

リム幅が28mmもあり

BB下に付けるタイプのダイレクトマウントブレーキでは

掴む幅がギリギリでセッティングした時は

4つで6000円もするスイス ストップのブラックプリンスを少しだけ紙ヤスリで削ったくらい 余裕がなく

初めはダンシングした際 シュータッチしていました

1000kmちょい走った今は シューもまた少し削れてきたため 

シュータッチはしません

まぁ リアホイールもとりあえず硬いんです

f:id:taromohikan400:20180321181114j:plain

いいホイールですよ

買って良かったです

 

次は チューブレスタイヤのことでも書くことにします

 

ではまた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ご報告)バイクが変わりました

どうもモヒカンです

お久し振りです

ここ半年ほど受験勉強だったり大学の準備だったりでなかなか更新出来ませんでした

(更新するためのネタがなかったのも事実ですがね....)

なので更新するためのネタを持って戻って参りました

実は前のリアクト400(エセ ランプr…カラー)

f:id:taromohikan400:20180321144221j:plain

f:id:taromohikan400:20180321144251j:plain

このフレームのクランプが壊れてしまいまして

せっかくの春休み ロードに乗れなくなってしまいそうになっていたんです...

受験が終わっていたこともあり 

親から使えるフレームと金がないんやったら貸したってもエエでと言われたので

ありがたくフレーム代を貸して貰えることになりまして

次は 本物のランプレ カラーのリアクトを買おうと思っていいたんですが

実はこの1か月前 某有名オークションサイトに

何とほぼ新品 サイズ50の リアクト チーム(2014モデル)が

大阪の堀江にあるプロショップから出品されておりまして

もうこれを逃したら憧れの2014年モデルのリアクトに乗ることは出来ないだろうと思いまして 大学入試3週間前に親に相談してみたんですよ

(まぁ案の定 門前払いされましたがね…)

それから 毎日 毎日 リアクトが売れてしまわないか

オークションサイトを見て確認していました

そして3週間後

後1日売れなけれれば試験が終わるので何とかなるだろうと思っていたのですが

最後の試験の前日の夜

何とオークションが取り下げられてしまいまして

もう乗れないなと思ったんです

が しかし

出品しているのは 大阪 堀江のショップであると友人Bから教えて貰ったので

そのショップと関わりのあった友人Yに連絡を取って貰うと

何と(売ったげるよ)とのこと

 

そう言う経緯があってモヒカンは憧れの

2014年モデル リアクト チームのフレームを手に入れることが出来ました

こちらがそのフレームになります

f:id:taromohikan400:20180321150817j:plain

(もう組んでしまってますが 許して下さい)

実はホイールも変わってしまっているのですが それについたはまた後で

基本的には下のリアクト400と変わってません

f:id:taromohikan400:20180321151301j:plain

大きく変わったのは

ホイールとフロントブレーキボトルケージ ペダルくらいですね

あとは少しだけブラケットを下に向けました

 

パーツ構成ですが

 

フレーム          Reacto Pro-direct-E (チームフレーム)

フォーク          Reacto Carbon Pro-direct (チームのフォーク)

ホイール          EASTON EC90 AERO55

タイヤ             IRC FORMURA PRO TUBELESS (前 RBCC  後 LIGHT)

ハンドル         シマノ プロ VIBE7S 

ステム             シマノ プロ VIBE SPRINT (135mm)

ブレーキ          シマノ BR-6810(ダイレクトマウント)

BB                    TOKEN  TK-BB386APS

STIレバー        シマノ デュラエース ST-9070

FD                   シマノ デュラエース FD-9070

RD                   シマノ デュラエース RD-9070

クランク          シマノ デュラエース FC-9000

 

になります

以上NEW バイクの紹介と致します

 

次はホイールのインプレッション 行きますよー

 

 

 

 

ROTOR 3D+MAS Q RINGS インプレ

f:id:taromohikan400:20171114223020j:plain
前回に続いてROTORクランクとQ RINGSのインプレです。諸事情あってチェーンリングが楕円なのはアウターのみです。というのも、中古で買ったチェーンリングのインナーがどうやらカンパニョーロ様だったようです(笑)幸い真円のFSAを持っていましたから、しばらくはこれを使おうかと思います。

走った第一印象は、まず「軽い」です。ROTORよりも軽いFC6800のクランクを使っていた時期もありましたが、それより軽く感じます。チェーンリングは少々重いようですが、クランク本体はかなり肉抜きがされ、徹底した軽量化が図られていますから、そのためでしょうか?とにかく軽く感じました。
f:id:taromohikan400:20171114223637j:plain

次に変速性能です。かなり不安でしたが、FD5800で十分に良い変速ができます。さすがにシマノクランクには劣りますが、予想を超える変速性能の良さに安心しました。全く問題ありません。

と、これまでは近所を流す試走での感想・インプレだったですが、100km走ってみたのでその感想も書いておきます。

基本的には、真円と大差ないなぁっていう感じですが、緩い坂道と、ダンシングでの加速がスムーズ・楽になったように感じます。
ただメリットだけではなく、楕円チェーンリングが原因かは定かではありませんが、100kmしか走っていないのにメチャクチャ疲れたのも事実です。慣れによるのもかと思いますが、これはちょっと心配です。体調も優れてはいませんでしたから、原因が楕円チェーンリングでないことを祈るばかりです。

さてさて長々と書きましたが、個人的にこの機材はGoodです。剛性の高さと軽さが両立した、優れたクランクだと思います。見た目も良いですし、早く楕円の感覚に慣れてROTORの真髄を体感したいですね。
f:id:taromohikan400:20171114224552j:plain
拙い文章でしたが、この辺でカンベンしてください(笑)

ROTOR 3D+MAS Q RINGS導入! 

憧れてたROTORのクランクを買ってしまいました…!f:id:taromohikan400:20171114220955j:plain
3D+MASというアームに、チェーンリングは(諸事情あってアウターのみ)Q RINGSです。楕円初挑戦になります。
せっかく人柱日記ですから、人柱らしい事を書いておきます(笑)

ROTORクランクを導入するにあたって、まずはBBを変えなければなりません。僕が今回買った3D+はシャフト径が30mmと、シマノの24mmから+6mmもサイズアップしてしまいますから、当然シマノのBBは使えません。ただしROTORの別モデルである3D24はシャフト径が24mmですので、シマノBBが使用できます。ややこしいですね。
散々シマノBBとの互換を話しましたが、僕が使っていたのはカンパニョーロです(笑)カンパニョーロのBBとROTORのBBは、恐らく全部互換がありません。ほんと、BBってめんどくさいですね。

f:id:taromohikan400:20171114221807j:plain
というわけでROTORのBBを購入。BSA30というモデルで、30mmシャフトがぎりぎりフレームに収まる設計です。ただBB30とは互換がないなんて話も耳にしますから、これもROTORの独自規格なんでしょうか…?いや入るとは思うんですけどね。
f:id:taromohikan400:20171114222043j:plain
フレームにBBを取り付けます。取り付けはROTORの専用工具が必要です。24mmシャフトに慣れてますから、かなり大口径に見えます。もうカッコいいですね(笑)

f:id:taromohikan400:20171114222256j:plain
BBの互換さえ乗り越えれば、もう特筆することもありません。説明書やサイトに従って、楕円の設定とクランクの取り付けを行うだけです。
カッコよくなりましたね!!前のバレットウルトラクランクもカーボンエアロでカッコよかったですが、今度はメカメカしくて良い感じです!lampre仕様になりました!

では、次回はインプレでもしようかと思います。

フルクラム レーシングスピード インプレッション

さてさて、レーシングスピードを買ってから、レースを含め300knほど乗ったでしょうか?素人のポンコツインプレですが、参考になれば幸いです。

まず、僕はこれまでに
メリダ エアロ30(純正ホイール)
・カンパニョーロ シロッコ35
シマノ WH9000 C35 アルミリム
と、3種類のホイールを履いてきました。エアロ30とシロッコは、ひと度速度にのれば性能にそう大差はありません。慣性でずっと回ってんな~って感じです。シロッコはハブがよく、そのために速度が落ちにくいといった印象を受けました。
C35は色々あって破格で譲ってもらったホイールです。これは巡行も登りもサクサクこなせる優秀ホイール君でした。ただ、メッチャすげえ!!という程でもなく、全体的にレベルが高いな。という印象でしたね。

そしていよいよレーシングスピードです。初乗りの感想は
「硬っっった!!!!」
これに尽きます。ほんとに硬いんです。ガシガシ進んで気持ちが良いんですが、その分が全部脚に返ってきます。XLRでは更に剛性が高いらしく、しゃしゃってXLR買わなくてよかったなぁと安心です。
f:id:taromohikan400:20171017195814j:plain
しかし、200kmほど乗ると段々その硬さにも慣れてきました。気が付けば巡行速度はC35よりも+3~4km/hあがり、登りはサクサク、スプリントでは60km/hを必ず出せる程になりました。さすがディープリムです。
f:id:taromohikan400:20171017195640j:plain
また、コーナリングがめちゃくちゃスムーズなのも魅力です。これはチューブラーによるものかもしれませんが、とにかくスムーズで「あそこを走りたい!」と、狙ったラインをかなり高速で突っ込んでも余裕で曲がってしまいます。リアクト400の横剛性の不足を補うようで、とても扱いやすいバイクになりました。
f:id:taromohikan400:20171017195721j:plain
続いてレースです。2時間を2人で交代しながら走るエンデューロで、結果から言うと、いきなり3位に入賞できました。もちろん相方の頑張りもあるんですが、ここでもレーシングスピードの良さが出ました。やはりコーナリングのスムーズさと、立ち上がりでの加速、反応です。踏めば踏んだだけ進むホイールだと、改めて実感できるレースでした。
f:id:taromohikan400:20171017195903j:plain


長々と書きましたが、性能も見た目もすごく良いホイールです。これはオススメできます。大満足のホイール交換となりました。

フルクラム レーシングスピード導入!

f:id:taromohikan400:20171017190056j:plain
憧れの2015ランプレ メリダのリアクトTEAM仕様に憧れて、僕のリアクト400にもフルクラムのレーシングスピードを履かせることにしてみました!
レーシングスピードには、カンパニョーロのボーラワン/ウルトラと同じく、レーシングスピード/レーシングスピードXLRの2スペックがあり、XLRの方が性能が良いようです。僕は予算もあって、ノーマルのレーシングスピードにしました。

f:id:taromohikan400:20171017193349j:plain
ヤフオクで8万で落とせました。これは結構な破格ですよ。やはり憧れていたカーボンディープリムホイール。ため息が出るほどカッコいいです。オマケでチューブラータイヤをつけて頂いたので、リムテープを交換して早速リアクトに履かせてみました
f:id:taromohikan400:20171017193733j:plain
いやーカッコいいです。思わずニヤニヤしちゃいますね(笑)見た目は大満足です。次回はいよいよ走ってみて、インプレをしたいと思います。

アブソリュート ブラック 楕円チェーンリング インプレ

超お久しぶりデース (すいません)

いや、、ほんと久しぶりの更新になります

ブログ管理人の2人は共に受験と就職でなかなかゆっくりブログ更新する時間が無くて もう前の更新から3カ月くらい経ってしまってますね、、

ほんっとは書きたい事が溜まりに溜まってるんですがなかなか時間がなくて久しぶりの更新では 機材ネタといかせていただきます。

本心を言いますと前の更新のVPクリートの閲覧数があんまり増えず 割とショックなんです

 

taromohikan400.hatenablog.com

 

 

ついでに見て頂けたら恐縮です

 

そもそもvpクリートって皆様ご存知でしょうか

 

 

 

ま それはいいとして

今回はですね

f:id:taromohikan400:20170829093143j:plain

アブソリュート ブラック 楕円チェーンリング(38T)

ヤフオクで新品6500円で転がってたのでついついポチってしまいました

さて 実はこの数日前に11-23Tのスプロケットに交換したばっかりで

インナー36使ってる貧脚が 38Tの寄りに寄って楕円を使うとは我ながら頭おかしくなったのかと思いましたよ、、、

にしても11ー23スプロケと11ー28スプロケって大きさ全然違いますな

f:id:taromohikan400:20170829093859j:plain

ここまで小さくなるとは思いませんでした

でこんなスプロケットを付けてるくせに

38Tのインナーってことは楕円になるので歯数±2ってわけですよ

つまり踏み込み時実質40Tこんな負荷

耐えられるんだろうかと思っていたのですが

後でいい形で裏切られることになります

さて取り付けといきますが

まーまずはクランクの取り外し

チェーンリングの脱着も出来るこの工具はなかなか有能です

f:id:taromohikan400:20170829104006j:plain

後はサクッとクランクキャップをとって

この工具でクランクを外してしまいましょう

余談ですがクランクキャプはタイヤレバーで外せます 

f:id:taromohikan400:20170829104558j:plain

しっかりと差し込んでいれば普通に行けます

クランクを外せたら

チェーンリングを固定している

トルクスネジを外します

f:id:taromohikan400:20170829112632j:plain

終わりました アウターが真円リングなのでインナーの楕円がわかりやすいですね

で、、ですね

もうバレてると思いますが 僕のパワーメーターは偽物です、、泣

いや、、ほんとは本物のパワーメーターほしかったんですよ

けど高校生の分際でパワーメーターなんて普通は買えませんよ普通は

けど見てくれはいいので

カバーだけ、つけています

よくツイッターでどのようにしてつけているのかと聞かれます

ま、、

f:id:taromohikan400:20170829114245j:plain

f:id:taromohikan400:20170829114256j:plain

こんなものを(雑ですが)自作しました

これの穴の部分をチェーンリングボルトでインナーリングとともに締め付けています

 

 

話が逸れてしまいました

 

取り付け終わりました

f:id:taromohikan400:20170829115004j:plain

純正のインナーリングにはシルバーの部分が有りましたが

これはないのでちょっとしまったかんじになりました

f:id:taromohikan400:20170829115248j:plain

以前のものです

 

肝心の 物はですね

 

一言で言い表わしますと

 

最高です  

 

インプレがこれだけかってなるので

プラシーボ効果も交えて説明させて頂くと

 

なんでしょうか、、、6・7時方向でちょっと抜けるタイミングが、、これがかなり絶妙です

 

ま インナーは基本的に登りでしか使わないので

インナーはすごい登りに適した感じになっています

R◎T◎R 社みたいなグワングワンする感じは全くしません

 

いきなりオーシンメトリック(フルーム パイセンが使ってるやつ)みたいなキワモノを使う人は居ないと思いますが

 

ちょっと楕円に興味のあるかた 

インナーだけなら

7000円程度なので一度試してみてはいかがでしょうか

 

もし僕のを試乗したい方いればツイッター DM等でお声かけ頂ければ

喜んで試乗していただきます(ただし 僕の受験が終わってからになりますが)

お待ちしています

 

さて再度言いますが 只今ネタ切れで更新出来ていなかったのではなく

本当に時間がなかっただけなんです。

 

書きたいことはまだ山のようにあるので 暇を見つけては更新していきたいと思います

 

 

 

最後 までお読み頂きありがとうございました。😊