リアクト400人柱日記

リアクト400についての記事が少ないので他のサイトではしていないようなカスタムをして読者の方々の気をひこうという魂胆で始めたブログですがランプレリアクトの方はもはやリアクト400に乗っていないので 普通のブログです。

IRC FORMULA PRO TUBELESSインプレッション

本日は暇なのでこれまでため込んでいたブログネタを消費しています 笑

順序が入れ替わって申し訳ないのですが

こんかいはチューブレスタイヤ編です

イーストンEC90 AEROはチューブレス(レディーじゃない)対応で

チューブレスタイヤが装着可能です

f:id:taromohikan400:20180321171144j:plain

 

前輪はグリップ重視でRBCCを

後輪は軽さ重視でLIGHTを選択しました

23Cとタイや幅は狭いですが

リム幅ださらに太いROVAL CLXシリーズのホイールにおいて

メーカーの見解として23Cタイやをはかせても大丈夫とのことですので

それを参考に今回は23Cをはかせました

このタイヤをはく前はコンチネンタルのウルトラスポーツを使っていたので

比較するのはおかしいと思いますが

メリットとして

まずチューブレスタイヤということもあり

空気圧を1気圧は落とすことができます

そのため乗り心地はかなりよくなりグリップもかなり良くなり

下りコーナーでもグリップの限界を感じにくくなりました

あとはクリンチャーと違いリム打ちパンクの心配がなくなりましたね

続いてデメリットになりますが

メンテナンス性がクソです

まずは新品のタイヤをつける際ワイドリムだからしかたないとは思うのですが

タイヤのビートの片側さえ入りません

専用タイヤレバーを使ってなんとかタイヤに取り付けましたが

素手で作業したためタイヤが手の皮がこすれて消しカスみたいになったものだらけになりました

続いてパンクしてしまった際

台風通過直後バイト先へと走行中リアタイヤから違和感を覚え停止すると

見事にパンクしていました

このときタイヤの走行距離は1500KMをこえており

リアタイヤは割と減っていました

バイト先が自転車屋であるため

この日はタイヤ補修後バイト先のコンプレッサービートをあげることができました

そしてこれくらいのピンホールだとシーラントで対処可能であると判断してシーラントを注入ました

また別の日

夜間に走行中

f:id:taromohikan400:20181025223334j:plain

この大量のガラスに気付かず(歩道側から車道側にいどうしたため)踏んでしまい

f:id:taromohikan400:20181025223348j:plain

タイヤに7MMほどの切り傷ができてしまい

シーラントが吹き出してしまい自走不可能になりました

出先でパンクしてしまったらどうしようもないので

この日は当て物をしてチューブを入れなんとか

自宅まで自走してかえってきました

 

今までパンクしたには後輪のLIGHTばかりなので

前輪につけているRBCCはかなり耐パンク性能がいいのかもしれません

あと後輪のLIGHTはたしかに軽いのですが

ウェットコンディションの場合かなりグリップが落ちてしまうので

ぬれた山道でダンシングした際後輪が滑ってしまいヒヤッとしたことが

いくらかありました

 

総合的に見るとRBCCはなかなか優秀なタイヤでした

次にチューブレスタイヤをはくなら前後RBCCにしようとおもいます

 

チューブレスタイヤはいいゾォ