リアクト400人柱日記

リアクト400についての記事が少ないので他のサイトではしていないようなカスタムをして読者の方々の気をひこうという魂胆で始めたブログですがランプレリアクトの方はもはやリアクト400に乗っていないので 普通のブログです。

フルクラム スピード 55C(FULCRUM SPEED 55C) インプレ 後編

お待たせいたしました

SPEED55Cのインプレ 後編です

前編では開封 測量 考察を致しました

 

taromohikan400.hatenablog.com

 今回はホイールを変えてから500kmほど走行しましたので

ファーストインプレッションです

長距離走行した際以前乗っていたイーストンと比べると

やや脚を残せなくなりました

それに引き換えシュータッチはスプリントで踏むようなパワーで踏まなければ

全く起こりません

スプリント時はクイックレバーを開けば良いので

イーストンのシュータッチ問題はこれをもって解決いたしました

ここからは

以前のイーストンと

f:id:taromohikan400:20180321174644j:plain

今回購入した スピード55C

f:id:taromohikan400:20181028225511j:plain

 

を比較していきます

ただタイヤが変わってしまっているので完全な比較とは言えません

このホイールをつけて走り出した直後に

あっ、、軽い 硬いってことでした

まあ重量が後輪だけでも100g(リムが100g軽くなったわけではないだろうけど)

軽くなったのでかなり変わってきているようにおもいました

そのため加速が速くなりました

イーストンのもっさりした感覚からキレのある加速になりました

また何故か巡航がすごい楽に感じました

イーストンの方がリム重量はあるので必然と慣性モーメントはイーストンのほうが

あるはずなんですが空力がいいためか明らかに進みます。

ただ横風に対してはスピード55Cの方が振られやすいです

スピード55Cがかなりリムの内側が尖っているのに対しイーストンはまん丸のリムです

横風性能についてはイーストンの方が優秀です

またシュータッチしにくいことからも

わかりますがワイドフランジが効いているのか横剛性もかなり高いです

あとはダウンヒルの際 ハブのUSBベアリングが効いているのか

踏まなくてもバカみたいに加速していきます

またカーボンホイールので気になるブレーキ性能ですが

もうAC3リムの効きが良くてアルミリムと遜色ないくらいに

効きます

雨天のブレーキ性能はまだ雨天時に走っていないので

まだわかりませんがこれもかなり期待できそうです

 

ただイーストンもスピード55Cもですが

フリーの噛みこみが少し気になりました

イーストンはもう2000KM以上乗っていてかなり噛みこんでしまっているのは素材がアルミであることを考えるとわからなくもない(というかシマノのフリーが硬すぎる)

んですがスピード55Cの白いフリーはもう接触部分の白い皮膜がなくなってしまっているのでちょっと不安です

プロが使う際にかかるトルクをかんがえると

前のスチール製のフリーでも良かったのでは?と思いました。

 

 

 

総合的に見ると

たしかに軽くて硬いですが

その堅さもすぐに慣れます

脚を削りやすくはなってしまっていますが

そのぶん進みますし何より速いほうが楽しいです(安全な範囲で)

フレームに続いてこれは買ってみて

良かったなと思いました。

 

 

f:id:taromohikan400:20181106230458j:plain

もう見た目が何よりもいいですね

 

f:id:taromohikan400:20181106232658j:plain

ホイールの赤いラベルもいずれ黄緑にしたいものです