読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアクト400人柱日記

リアクト400についての記事が少な過ぎて お困りの人も多いと思うので他のサイトには書いていないような事をしていきたいと思います。 赤いリアクトの人とランプレリアクトの人で投稿します。

アルミフレーム Di2化 その7 ハンドルへの穴あけ&配線

どうももひかんです

Di2化もとうとう大詰めを迎えてきました

ここが一番の山場です

アルミハンドル(SHIMANO PRO VIBE7S アナトミック)

は上ハンが太いいわゆるゴン太ハンドルなんです

一応アウターケーブルを這わせるための溝がありますがはっきり言って役に立ちません

なのでブレーキアウターもハンドル内装にしたいと思います

まずポンチで打ち込んでいってあなを開けたいところに凹みを作っていきます

f:id:taromohikan400:20170109224857j:plain

今回は電線も内装するのでジャンクションA がわりとなる XTRインフォメーション ディスプレイの形の合わせて穴の位置をポンチでけがいていきます

f:id:taromohikan400:20170109225744j:plain

ここに6mmの穴を開けていきたいと思います やり方はフレームの時と同じなので

気になる方は是非その6をご覧ください

次にSTIから出てくる側の穴を開けます

STIのブレーキアウターに合わせて6mmの穴を開けていきます

穴を開けただけではケーブルを通しにくいにで

6mmの穴を開けたドリルで徐々に刃が折れないように傾けて行って斜めの穴を開けます

f:id:taromohikan400:20170109230549j:plain

この穴を両側に開けますその6mmの穴に隣接するように3mmの穴をあけて繋げてしまいます

こちらは電線ようです

ここにシフトケーブルをつかって配線していきます

f:id:taromohikan400:20170109230925j:plain

あとディスプレイの裏はこうなりました

f:id:taromohikan400:20170109231046j:plain

これがしたかったんです!

あとはSTIをつけてでんせんを繋ぎます

f:id:taromohikan400:20170109231250j:plain

電線が下の方に有るのがお分かりでしょうか?

これにてハンドルへの内装編は終わりとなります

 

その8へと続く